あなたにぴったりの人気の占いが見つかるサイト

>

家の中を見渡したくなる!風水

この記事をシェアする

そもそも、風水って?

風水の発祥はなんと紀元前の中国。とても歴史のある占いなのです。
風水では、この世に存在するもののすべては「木・火・土・金・水」の5つからできていて、そして「陰」と「陽」に分けられると考えられています。
この考え方を陰陽五行説といいます。
難しそうに聞こえますが、例えば身の回りのものだと木のテーブルはそのまま「木」、ガラスのコップは「水」など、全て5つに分けることができます。

そしてこれらにはそれぞれ相性があります。
火が燃えると土を生むので火と土は相性が良いですが、水は火を消してしまうので水と火は相性がよくありません。
相性の良いものを合わせると運気が上がり、逆に相性が悪いものを合わせてしまうと運気も下がってしまいます。

五行には方角も関係しており、例えば北は水、西は金です。
ここまで来ればなんとなく風水の考え方がわかってきたのではないでしょうか。

まずはここから!取り入れやすい風水

まず取り入れてほしい風水が玄関です。
風水では南と東が陽、北と西が陰だと考えられています。
そのため本来玄関は南か東を向いているのが望ましいのですが、もし北向き、西向きでも風水を取り入れることによって良い気を呼び込むことができます。
第一に玄関を明るくきれいにすること。
良い気は暗い場所を嫌うため、清潔に明るくしておくことが大切です。
もし日当たりが悪いという場合は、ライトで明るくすると良いでしょう。

次に金運アップの風水です。
風水では西に黄色のものを置くと良いとされているので、部屋の西側に黄色のインテリアを飾ると良いでしょう。

最後に恋愛運。
部屋にピンクのものを取り入れると良いでしょう。
恋愛運に良い方角は東南ですので、部屋の東南に好きな人や恋人の写真を飾ると恋愛運アップに繋がります。


トップへ